販売業者様専用ページ

株式会社トーシン住宅への
お問い合わせ・資料請求

建売住宅と注文住宅徹底比較

建売住宅と注文住宅徹底比較

建売住宅のメリット・デメリット

【メリット】

  • 価格が明確
  • 完成品を見てから購入するかどうか決められるので、後悔が少ない
  • 土地・建物を別に購入するより、費用を抑えられる
  • プロの建築士が設計しているので、実生活を考慮されている
  • 素人では思いつかない発想のプランもある
  • 複数棟を同時にプラニングする場合が多いため、個々の建物との隣地間隔など、
    各土地に最適な住宅が設計されている。
  • 同じ予算なら、注文住宅よりもはるか良い立地のところに住める場合が多い
  • 間取り、設備から壁紙などが既に決まっているので打合せをしたり、悩んだり・・
    という時間がかからなくて済む
  • お客様のご都合に合わせて即入居が可能。

【デメリット】

  • 自分で間取を決められない。(ただし、イージーオーダーは可能)
  • 内部の仕様、デザインが選べない。(ただし、イージーオーダーは可能)
  • 土地の広さが限られている。

注文住宅のメリット・デメリット

【メリット】

  • 自分の希望のプランができる
  • 内部の仕様を自由に選べる
  • 建築中の現場をチェックできる
  • 自分だけの家が建てられる

【デメリット】

  • 完成の状態が完成しないとわからない
  • 必要資金が不明確
  • プランの設計から完成まで期間が長い
  • 土地を別に探す必要がある
  • 土地の造成費用・外溝工事に予想外の費用がかかることがある
  • 図面を見て空間が把握しきれず、完成後にイメージと異なる事がある

建売住宅と注文住宅と比較表

続いて、建売住宅と注文住宅を検討するときのポイントを表にまとめてみました。それぞれのメリット・デメリットを考慮しながら、自分のニーズに合うのはどうちらかを判断する材料にしていただければと思います。

 建売住宅注文住宅
プラン・自由に決められない
・プロの設計
・プロの発想
・自由に決められる
・施主にもある程度の知識が必要
・費用と相談して検討
価格 低め
大区画仕入れにより価格が低い
設備の質が低いイメージ
資金計画を立てやすい
高め
設備の費用
土地の費用
仲介手数料
追加オプションをつけると上限なしで不明確
構造 建築現場が見られないことが多い
完成して内側が分からないから不安
建築の現場から見られる
見ることはできるが、知識が必要
土地 大区画仕入れで価格を抑える
整形地
土地+建物で販売
一般価格で取引
不整形
水道引き込みや盛土など造成が必要
地盤調査が必要

迷われている方へのアドバイス

お客様との打ち合わせ

トーシン住宅からの最終的なアドバイスとしては、建売住宅を探してみて納得できるものが見つからなければ、ニーズに合った土地を探して注文住宅にすることをお勧めいたします。もちろん、トーシン住宅にご相談いただければ、トータルな視点でご家族に合った住宅をアドバイスしたしますので、お気軽にご連絡ください。

住宅購入に関するご相談はこちら